machikouba-mihonichi のすべての投稿

薬による中性脂肪対策

今日のテーマは薬による中性脂肪対策です。

私のカラダは虚弱体質。幼い頃からすっとです(~_~;)なので、病院や薬ととっても仲良し(*^_^*)

なので、健康な人に比べて投薬治療には抵抗が無い方だと思います。

でも、中性脂肪対策に薬を使うという事。これって病院では普通に行う治療みたいですが、すこし驚いてしまいました。

肥満の先にある病気を懸念しての対策か、あるいはもう起きている病気に対しての処置なのか、、、

これを聞くと中性脂肪がいかに体に害があるのかを嫌でも実感します。そこで、この投薬治療にフォーカスをあてて調査してみたいと思います。

【薬による中性脂肪対策】

中性脂肪の値が大幅に基準値を上回っているケースを「高中性脂肪」と呼んでいます。これは、病基準値を大幅にオーバーしていて、病院での治療が必要な状態を指しています。

中性脂肪は、基本的には食事療法や運動療法で改善を図ります。しかし、基準値を大きくオーバーしている高中性脂肪の場合、時には危険な病気と隣り合わせの状態。投薬治療も必要になります。

《高中性脂肪の種類》

高中性脂肪の種類は、その数値で分類されます。

150~299であれば、境界域—軽度高中性脂肪血症、300~749であれば、中等度高中性脂肪血症、750以上なら、高度高中性脂肪血薬となります。

《投薬治療を行うケース》

基準値より少し上回る程度の中性脂肪値の場合、食事療法や運動療法での改善を行います。しかし、大幅に上回っているのであれば脂質異常症となり、投薬治療を行う場合があります。生活習慣の改善か、投薬治療を行うのかについては、そのケースごとに判断を行います。

投薬治療を行う目安ですが、総コレステロール値が220~250mg/dL、中性脂肪200~300mg/dL以上です。

《脂質異常症の薬と効果》

(ニコチン酸誘導体)

中性脂肪の分解を促す、善玉コレステロールの値を上げる効果があります。

(フィブラート系薬剤)

肝臓内での中性脂肪生成の抑制・胆汁へのコレステロール排泄量を増やす効果があります。

これにより、中性脂肪値・コレステロール値が低下します。

(イコサペント酸エチル)

中性脂肪値を下げる・血小板を固まりにくくすることで、血栓を防ぎます。

投薬治療にはこれらの薬を用います。

【根本治療を行うには?】

投薬治療は効果的ですが、基本的には食生活・運動療法などの生活習慣の改善を行わなければ、再発を繰り返します。投薬での根本的な治療は不可能です。

《食事療法》

中性脂肪の改善に必要不可欠なのが食事療法です。

暴飲暴食を避ける事はもちろんですが、その中でも特に注意が必要なのが、中性脂肪の素となる糖質や脂質の過剰摂取です。

食事から摂取する油脂のすべては中性脂肪です。また、糖質も中性脂肪の元となります。食べ物からの摂取への注意も重要ですが、盲点になりがちなのがジュースやスポーツドリンクなどに含まれる糖質。その種類によっては驚くほどの糖分を含んでいます。

これらの飲料を、適量をこえて摂取した場合、体内の中性脂肪が過多になります。毎日の食生活の見直しを図り、糖質や脂質の摂取量に注意を払いましょう。

アルコールの過剰摂取は最も大きな問題です。アルコールによる脂肪肝を防ぐためにも、飲み過ぎは控え、適度な飲酒を心がけましょう。

《運動療法》

最も有効で且つ安全なのが有酸素運動。有酸素運動を行う事で、余分に摂取した当分や脂肪分の燃焼をはかります。

食品から摂取した糖分・脂肪分は活動するためのエネルギーとして、体内に蓄積されます。しかし、摂取量が過剰な場合は内臓脂肪や皮下脂肪などの体脂肪となってしまいます。

そうなる前に、運動で燃焼しましょう。また、運動によって基礎代謝が向上すれば、燃焼効率も向上します。

継続できる運動をチョイスして、中性脂肪対策を行いましょう。

《運動を行う時間》

一日30分を毎日行うのが理想です。無理な場合でも週に4日は有酸素運動を行いましょう。最初から30分が無理な場合は、10分×3回を、一日かけて行うといった方法でも効果が望めます。

また、運動を行う期間ですが、少なくとも中性脂肪の数値が基準値に戻り、安定するまでは続けましょう。

《効果的な有酸素運動》

(ウォーキング)

特に道具も必要なく、普段の生活にどり入れやすいのがウォーキング。体への負担もすくないので、続けやすいです。

(水泳)

水着やキャップなどの準備・プールに通うなど泳ぐ場所の確保は必要ですが、天候に左右されない点から、継続しやすい有酸素運動と言えます。

また、泳げなくても水の中をあるくだけでも効果があります。

一般的なプールの水温は体温以下ですので、プール内にいるだけで、体は体温の上昇を行うために代謝が活発になります。結果、中性脂肪は燃焼されます。運動量が少なくても効果の上がる方法だと言えます。

(ジョギング)

ウォーキングよりやや負荷がかかりますが、同時に筋肉を増やす効果が期待できます。筋肉を増やす事で基礎代謝が向上し、結果的に中性脂肪燃焼効果の向上に繫がります。

【まとめ】

投薬治療は一時的な改善方法であって、根本治療ではない事が分かりました。やはり大切なのは生活習慣の改善です。

しかし、ひと口で生活習慣の改善と言っても案外難しい。協力してくれる人、応援してくれる人などがいるだけで随分と心強いと思います。

対策をはじめるのと同時に、家族・友人・SNSでのダイエット友達を作るなど、ご自身にあった方法で仲間づくりも初めてみませんか?

>【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

医療保険を活用してやや値段が高めなサプリメントを購入する

shutterstock_131746163

体調が悪くなった方は、しばしば治療を受けています。当然ですが、その目的は体調不良を改善させるためですね。

ところが治療には懸念点があって、状況によってはやや多くの料金がかかります。ちなみに乳酸菌のサプリなども、その医療行為の一環として用いられる事があるのです。

お腹の調子が悪くなった方などは、経口摂取するタイプの飲み薬などで、改善を試みている事も多いですね。実際病院などから処方される薬は、一定の効果は見込めるものです。お通じの改善をするために、便秘薬などを処方してもらっている方もいらっしゃるでしょう。
しかし処方薬だけでなく、乳酸菌のサプリという方法もあるのです。現にその方法によって、お通じが大きく改善される事例も見られます。

ところが一部のサプリは、かなり料金が高めになるのです。私が覚えている限りでは、1ヶ月で数万円ほどになるサプリもあるのです。それが毎月積み重なるとなると、かなり大きな金額になってしまうでしょう。それでは少々大変ですね。

乳酸菌サプリの費用を一部負担してくれる医療保険

shutterstock_371999371

ところで医療行為に対しては、しばしば保険商品は利用されます。いわゆる医療保険などに加入している方々も、非常に多く見られるのですね。

がん保険などはその1つになります。がん治療はかなり多くの料金がかかる事もあるからです。治療内容によっても異なりますが、100万円以上かかるケースも珍しくありません。
まして大腸がんなどの治療になると、かなり多くの料金がかかる傾向があります。しかし前述の乳酸菌サプリで、その症状が改善されるケースもあるのですね。人によっては、抗がん剤の副作用がサプリで軽くなっている事もあります。ですのでサプリでガンの改善を試みるのも、一法ではあります。

そこで一部のガン患者の方々は、サプリを購入するために保険商品を利用している事もあるのです。前述の以上に1ヶ月に数万円ほどかかるケースもありますが、保険商品でその金額の一部が賄われる事もあります。現に以前に私が読んだ乳酸菌サプリの口コミの1つに、保険商品に関するものがありました。そのサプリはかなり料金が割高なのですが、自分が加入している医療保険によって、その料金の一部を賄っていたのですね。

ですので割高なサプリを購入しようと検討していて、医療保険にも加入しているならば、保険によって料金の一部を負担してもらう事も考えてみると良いでしょう。サプリの中には高額な物も見られるのですから、医療保険を用いてみるのは悪くない選択肢の1つだと思いますね。

医療保険やサプリメントの比較に関しては下記サイトが参考になりますよ
腸内フローラのサプリメント記事

旅行を楽しむようにするための乳酸菌サプリ

お通じは、たまに旅行と関連しています。旅行の最中に、お通じを催してしまう事もあるのですね。それがきっかけで、お通じがさらに悪化してしまっている方も見られます。それを改善させようと思うのであれば、やはり乳酸菌を用いるのが妥当ではないでしょうか。

修学旅行の真っ最中に便秘になってしまった高校生

shutterstock_416796574

というのも数ヶ月くらい前に、次のような方がいらっしゃったのです。恐らく高校生の方ですね。

ある日その方は、修学旅行に行きました。ところがその旅行の前に、便秘になってしまったようなのです。なかなかお通じが来なくて困っていた訳ですが、ある時にかなりの痛みが生じました。相当な腹痛だったらしく、慌ててトイレに駆け込んだのですね。ちなみにそれは、修学旅行の最中でした。それでトイレで便を出したら、とりあえず痛みは改善されたのだそうです。

それで便秘が解消されたかと申しますと、良くなっていないようなのです。何回もそのような症状が発生しているので、本人も困ってしまっているようです。便秘と排便の繰り返しの状況ですね。

それでその高校生の方は、とりあえず便秘薬を検討しているようです。その症状を改善させるための薬を持ってはいるのですが、余り使いたいと思っていないようです。恐らく副作用が心配なのでしょう。

旅行を楽しむために乳酸菌のサプリがおすすめの理由

shutterstock_260690168

上記のような事例は、比較的珍しいですね。旅行の最中に腹痛が発生するケースは、あまり見られないからです。

そのような症状になってしまうと、そもそも旅行を楽しむ事ができるかどうかの問題が浮上するでしょう。旅行を楽しみたくても、腹痛でなかなか楽しむ事ができなくなってしまうと思います。

いずれにしても上記の高校生の方は、ちょっと深刻な症状だと思いますね。何回も痛みが生じている位ですから、やはり何とかした方が良いと思うのです。

それで上記の高校生は、薬は余り使いたくない考え方のようですね。であれば、やはり乳酸菌のサプリが一番望ましいのではないでしょうか。サプリの場合は特に副作用が強いタイプではありませんし、多くの方々の便秘を解消しているからです。

もちろんサプリによって、程度の違いなどはあります。ですので上記の高校生としては、まず色々なランキングなどで口コミを見てみるのが良いでしょう。それで自分に合うサプリを選んでみるのが、一番無難だと考えられます。

それにしても旅行の最中に苦痛が生じるのは、何とも大変な話ですね。旅行を楽しめるようにするためにも、普段から乳酸菌でお腹の調子を整えておきたいものです。

朝の目覚めで悩んでいた同僚に対しておすすめの乳酸菌

人間は、もちろん毎朝起きることになります。そして朝起きるのに、ちょっと苦労している方も中には見られるのです。朝起きるのが少々辛いと思っている方も、世間には沢山いらっしゃいます。その1人が、私がかつて勤めていた会社の同僚なのですね。

朝起きるのが大変で悩んでいた同僚

shutterstock_298757792

その同僚の方は、とにかく朝起きるのが大変だったようなのです。仕事の都合で、時には朝早く起きなければならない事もありました。そのような日に限って、同僚の方はいつも大変だとおっしゃっていたのです。なぜなら朝起きるのが難しい方だったからです。
朝起きるとなると、もちろん目覚まし時計をセットすることになるでしょう。しかしそれをセットしても、その同僚の方はなかなか起きれないようなのです。つまり朝に極端に弱い訳です。
また何とか起きることができても、今度は布団から出るのが大変なのだそうです。特に冬の時期などは、朝起きるのが非常に億劫だと話していました。それでその同僚の方は、朝早い日にはいつも大変そうだったのが印象的でした。

朝が辛いと感じていた同僚におすすめの乳酸菌

shutterstock_186566120

しかし今思い返しますと、私は同僚は乳酸菌を摂取するべきだったと思うのですね。なぜならその菌類は、目覚めに関するメリットがあります。
その菌類には様々な効能が見込める訳ですが、その一つはお通じの改善なのですね。お腹の調子が悪い方が乳酸菌を摂取したら、出具合が良くなったと感じている事も多々あります。すなわちデトックスを促進してくれるのが、その菌類の主なメリットの一つです。
ところが人によっては、乳酸菌によって朝すっきりしているケースもあるのですね。普段なかなか朝起きるのが難しくても、その菌類を摂取した事によって、すんなりと起きる事ができるようになっている事例も見られます。
ところで上記の同僚の方がその菌類を摂取していれば、やはり状況は大きく変わっていたのではないでしょうか。その菌類摂取に伴って朝の目覚めが良くなる訳ですから、たとえ早朝の仕事などでも、それほど苦痛を覚えなかったのではないかと思います。
何も上記の同僚だけに限りません。普段のお仕事にて、なかなか朝起きるのが辛いと感じている方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、乳酸菌のサプリなどを試してみるのも一法ですね。
ただしサプリにも色々な種類があります。目覚めが良くなるサプリもあれば、免疫力を高めるタイプなど様々ですね。口コミなどでサプリの効能をよく確認して、選んでみると良いでしょう。